ランニングについて語るときに、僕の語ること

気がつけば人生の半分以上を走り続けていることになる。コロナ渦で大会が軒並みなくなり、走るモチベーションが低下していたが、オリンピック開幕(本当にやるのか?)も迫ってきて、国内外ともに好記録が続出しており、またちょっとやる気が出てきた。

最近ランニングのときに考えていることをメモしておく。

ブログタイトルは、勿論村上春樹氏のエッセイから拝借した。

 

 

  • 最近読んだランニング関連本

現役ランナーでもある医学部教授が書いたランニングの本。フォームやトレーニングから、食事や睡眠など生活全般まで網羅。180-年齢の心拍数を、練習のとき超えないよう意識するようになった。

 

 『最高のランニングのための科学』で紹介されていた本。姿勢の話、ピッチの話など参考になった。特にピッチを上げるための練習(膝は低く、踵を高く)は走り出す前によくやっている。

 

 2000円と安い本だが、内容は充実。学生のときに読みたかった。最近の1500mや10kmのタイムをもとにVDOTを推定し、トレーニングのペース設定に活用している。この本でも180bpmのピッチが推奨されている。

 

  • 最近考えていること

自分は持ちタイムに比べてかなりピッチが遅い(170bpm弱)であることが分かった。これを改善すべく、①ストライドを大きくしない(重心の真下に接地)、②遊脚の膝下の脱力と引きつけに注意して、180bpmのピッチを目指している。

またジョギングなど低強度の練習の際は、心拍数が150bpmを超えないように意識している。

ピッチを上げて、今までよりチョコチョコ走るようになり、これで本当にスピードが出るのか半信半疑だったが、練習記録を見る限り、今までと同じくらいのペースで心拍数が上がらず走れているようだ。まだ力みがあり、スムーズな脚の切り替えが妨げられている自覚はあるので、怪我に注意して走り込んで新しいフォームを身に着けたい。

 

↓使っているGPSウォッチ。気がつけばセイコーエプソンウェアラブル端末から撤退していた…

 

↓買い替え候補として、気になっている時計。今の時計に特に不満があるわけではないが、キプチョゲが使ってるって言われたら、ね笑

 

↓こちらも気になる。スマホを持たずに音楽が聴けて、Suicaも使えるらしい。

 

Jalan Sriwijayaのプレーントゥ

昔から靴が好きだ。普段は履き古しのランニングシューズや、スニーカーを履くことが多いが、ちょっといい靴が欲しくなり、ネットでいろいろ調べてJalan Sriwijayaのプレーントゥを2020年2月に購入した。

 

コスパのいい靴』とよく紹介されるこのブランド。

購入したのはgreen label relaxing別注のもの。今まで本格的な革靴(グッドイヤーウェルト製法)を購入したことがなかったので、サイズを少し悩んだが、ネットの情報を参考に、サイズ40を購入。私の足の実寸は26cmで、New BalanceNikeのスニーカーは27.5cmを履くことが多い。

ラバーソールの方が急な雨など気にせず気軽に履けるかな、と思い、ダイナイトソールのモデルを選択。スーツを着ることがほとんどないので、デニムなどにも合わせられそうなデザインにした。

楽天でポイントとクーポンを使って3万円の支払いで、7200ポイント余りのポイントが付いた。

届いて最初に靴を入れた印象は、「小さかったかも」というもの。指は靴の中で伸びるが捨て寸はあまりなく、特に小指は結構当たっていた。サイズ交換も考えたが、グッドイヤーはコルクが沈んで馴染むというのを信じてそのまま履いてみることにした。

はじめは短時間の外出でも靴ずれ(小指、踵)がひどかった。少し大きめのシューツリーを入れてみたり、当たる部分に内側からコロニルのクリームを塗ったりしながら様子を見ていたら、半年頃からかなり歩けるようになり、1年を過ぎると全く当たりがなくなった。

現在では1時間程度の散歩も快適に歩けるようになった。

おそらくはもうワンサイズ大きければ最初から快適に履けたのだろうが、結果的に足に馴染んでくれてよかった。

革の質については、正直良くわからないが、素人目にはキメが細かく、今の所ヒビ割れなどの気配も全くない。

ダイナイトソールは歩き心地がすごく良いとは言えないが、決して悪くはなく、滑ることも今の所ない。ヒールは少し摩耗しているが、まだあと3年程度は交換しなくとも履けそうだ。

手入れとしては、以下の本を参考に、基本は履いた後のブラッシングと乾拭きのみおこなっている。クリームを塗ったのは今までに2回程度だと思う。

靴ブラシで歩き方が変わる。

靴ブラシで歩き方が変わる。

 

 一足買って本格靴の良さがわかると、次が欲しくなるのが怖いところ(笑)だが、大切に長く履きたい。

グランドセイコーのオーバーホールについて

就職祝いに買ってもらったグランドセイコー。 

 小ぶりなサイズとシンプルなデザインが気に入っている。

購入時には店員から3年程度で初回オーバーホールを、と言われたような気がする。

それよりは数年(年齢がばれないように伏せておく)遅くなってしまったが、先日オーバーホールを行った際のことを備忘録的に書いておく。

 

 

  • オーバーホールの必要性

グランドセイコーのホームページに具体的な年数の記載はないが、ネットで調べると、機械式時計の場合、3年に1回程度のオーバーホールが推奨されているようだ。

オーバーホール前、特に時計の精度など機能面で不具合はなかった。ステンレスバンドや風防には細かい傷ができていたが、さほど気にならなかった。

不具合が出るまでこのまま使い続けるという選択肢もあったと思うが、大事に長く使いたい時計であり、お金はかかるが依頼することにした。

  • オーバーホールの流れ

まずは購入店舗やオンラインからコンプリートサービスを申し込む。私はオンラインで申し込んだ。保証書を見ながら、型番や依頼する修理の内容を入力する。

「ライトポリッシュ(ケース・金属バンドの表面を整え、つやを出すサービス)」を希望するかどうかも選択する。追加費用は発生しないとのことだったので、こちらもお願いすることとした。

コンプリートサービス・修理 | SUPPORT | グランドセイコー公式サイト

発送キットが送られてくるので、時計を梱包して送る。

その後は適宜、発送した時計の到着の連絡や、修理開始の連絡などが、メールで送られてくる。概算費用についても、メールで連絡があり、これはありがたかった。

  • 要した日数

時計預かりのメールが来てから、修理開始までが3日。修理完了のメールが届いたのは預かりから約1ヶ月後だった。その後修理を終えた時計が送られてきた。

  • 仕上がり

梱包を開けてまず感じたのは、時計が非常にきれいになったということ。ライトポリッシュのお陰で、バンドや風防の細かい傷が、ほとんど分からないくらいに消えていた。時計と一緒に、時計の状態や修理の内容についてのレポートが添えられていた。それによると、私の時計はムーブメントに大きな異常はなかったが、軽度の磁気帯びがあったとのこと。今までもスマホなど磁気を発する機器にはなるべく近づけないようにしていたが、これ以降より注意するようになった。スマホから10cm常に離すのは現実的にはなかなか難しいが…

  • 費用

見積もりどおり、送料と消費税込みで5万円強かかった。これを高いと取るかは人それぞれだろうが、私個人としては満足度が高く、妥当な金額と感じた。

ライトポリッシュを頼んでいなかったらここまで満足していなかったかもしれない。

ネットで調べると、ロレックスの正規オーバーホール料金も(モデルにより異なるが)5万円前後のようであり、他メーカーと比べても同等の金額のようだ。

  • まとめ

ライトポリッシュは依頼するのがおすすめ。次回オーバーホールは5年後くらいだろうか。

パタゴニア製品をなるべく安く買うには

みんな大好きパタゴニア。私は『社員をサーフィンに行かせよう』を読んでこの会社のファンになった。

長く使える機能的な製品を、なるべく環境負荷を少なく作るというのが会社の理念になっている。

パタゴニア製品に共通するのは、品質の良さと価格の高さだ。

勿論品質に見合った価格であることは理解しているが、いち消費者としてはできるだけ安く買いたい。

少しでも安くパタゴニア製品を買うために、私が行っていることを紹介する。

 

 

  • ウェブアウトレット

パタゴニアの公式サイトには、ウェブアウトレットのページがある。

ウェブアウトレット | パタゴニア公式サイト | Patagonia:ウェブアウトレット

型落ち品(旧カラーなど)を中心に、結構値引率が大きいので、サイズや色が気に入ればかなりお買い得。

パタゴニア製品は長く使えるので、中古を狙うのも選択肢の一つ。

ZOZOTOWN楽天などで検索すると、結構たくさん出てくる。

https://zozo.jp/brand/patagonia/?p_gtype=2

ただ人気のブランドだけあって、中古といえど状態のいいものはそれなりの値段がする。

中古はもちろん、未使用新品も出品されている。

ナチュラム公式|アウトドア用品・釣り具・キャンプの通販

アウトドア用品のウェブストアで、パタゴニア製品も取り扱っている。ウェアやバッグに関しては、定番商品はひと通り揃っている印象。メンズに比べレディースは少し品揃えが悪い。公式サイトに比べてお得なのは、多くの商品に3%〜20%のポイント還元が付いていること。また楽天Rebatesに登録されており、楽天Rebates経由で購入すると、楽天ポイントももらえる。還元率はタイミングによって異なる(私が見た中で過去最高は12%)。

Rebates(リーベイツ)|有名通販サイトやブランド公式ストアでのお買い物でも、楽天ポイントが貯まるポイントサイト

またPayPay決済が使えるため、ペイペイジャンボなどのキャンペーンの恩恵を受けられる。

たとえば昨年私が定価24750円(税込)分のパタゴニア製品を購入した際には、所持していたナチュラムのポイントを使って750円引き、ナチュラムの獲得ポイント1620円分、PayPayのポイント還元2400円分、楽天経由のポイント2700円分(このときは税抜22500円の12%)だった。しめて支払額24000円、獲得ポイント合計7720円分とかなりお得に購入できた。

  • まとめ

今のところナチュラムで販売されている商品については、楽天Rebates経由でナチュラムで購入(PayPayのキャンペーンに合わせられればベスト)するのが最善かなと思っている。他にもっといい方法をご存知の方がおられればぜひ教えて下さい。

2020年買ってよかった物

毎年この時期はいろんな方の『買ってよかったもの』の記事で楽しませていただいている。

自身も2020年も結構色々なモノを買った。そのうちの特に良かったものを挙げる。

 

  

川内選手が通勤ランで履いていると聞いて、以前から気になっていたモデル。アウトレットで型落ちが安く(5000円程度)売られていたので購入。初心者向けシューズと思っていたが、非常に走りやすい。クッション性に優れることと、接地面が広く安定感があることが要因と思われる。

  • Kindle unlimited(3ヶ月分)

 サイバーマンデーのセールで3ヶ月分のライセンスが99円で売られており購入。雑誌他、一般書も結構読めて満足。個人的には以前から読みたかった『マーケットの魔術師』が読めたのが一番うれしかった。

マーケットの魔術師
 

 

  • ユニクロ ピーナッツ ホリデーコレクション フリースセット

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E428735-000/00?colorDisplayCode=01f:id:kawamed:20210103180633j:plain

Lサイズを購入。めっちゃ手触りがよい。最初ジェラートピケのスヌーピーコラボと迷ったけど、コスパを考えるとこれで十分。同時にモコモコの靴下も購入し、家でぬくぬくしている。レディースの商品とか細かいことは気にしない笑

 

  • パタゴニア M’s Terrebonne Joggers(メンズ テルボンヌ ジョガーズ)

 裾を絞ってあるデザインがどうかな、と思いながら購入したが、大正解。自転車に乗るときのほか、普段履きにしている。

 

※モデルチェンジにより現在廃盤。

自転車通勤のために購入(以下記事も参照)。ゴアテックスではないけれど、洗濯機で気軽に洗えるのがよい。マウンテンパーカーとして私服でも着ている。

ジャケットSサイズ、パンツXSサイズを購入。

runningsnoopy.hatenablog.com

 

 ユニクロのフリースからの買い替え。R1と迷ったけど、普段着にすることを考えてR2にした。173cm57kgでSサイズ購入。思ったより薄いけど、ユニクロより温かい。

 

  • Jackery ポータブル電源 240

[rakuten:jackery-japan:10000004:detail]

 次に出てくるソーラーパネルと組み合わせて使用。パソコン、スマホの充電はほぼこれで賄っている。非常時の備えも兼ねて、コロナ給付金で購入。

 

runningsnoopy.hatenablog.com

 

※うちのやつは上記の旧モデル。新モデルの方が作りはしっかりしてそう。

こちらも給付金使用。

太陽がよく当たれば、40W強くらいは発電している。

 

  • ラーメン

4食(+おまけ1食)で1000円だが、十分美味しい。味噌、塩、醤油いずれもよかった。つけ麺は食べたことがない。おまけはカレー味の確率が高いよう。

 

  • 餃子

味噌だれを付けていただく冷凍餃子。焼き方の説明がついており、その通りやれば美味しく焼ける。

 

  • まとめ

なるべくモノを増やさないよう心がけているつもりでも、振り返ると結構いろいろ買っていたなと実感。無駄な買い物はだいぶ減ってきた気がする。2021年もいい買い物をしたい。

#買って良かった2020

ナイキ エアロロフトベストが良い

  • はじめに

2017年にGYAKUSOUのダウンベストを購入した。

今調べると、『ナイキラボ GYAKUSOU エアロロフト メンズベスト』という商品らしい(以下写真)。

これがかなり気に入っているのだが、ネットには意外とレビューが少ない。

いい商品なので、紹介させてほしい。

NIKE(ナイキ)の「ナイキラボ GYAKUSOU エアロロフト メンズベスト(その他)」 - WEAR

ダウンが入っているのは前側だけで、後面は通気性がよい(ランニング用のTシャツに近い)生地になっている。ダウンが入った部分にも細かい通気孔が多数開けられている。

  • 使用状況

購入当初は(購入したものの)いまいち使い所がわからず、あまり着ることがなかった。走っていると薄手のウインドブレーカーでも暑くなってきて、脱ぐことが多い。ウインドブレーカーなら腰に巻き付けて走れるが、ベストはそうもいかない。なかなかこれを着て長い距離を走る気にならなかった。

タンスの肥やしにするのももったいないし、と一度着てみたら驚いた。真冬でも長袖Tシャツの上にこのベストを羽織れば寒くない。通気性もよいので、体が温まってきても暑くない。途中で脱いだら邪魔じゃないかという懸念は、途中で脱ぐことがないので杞憂であった。このベストのお陰で、冬のランニングの不快さがかなり軽減された。

GYAKUSOUの限定モデルの特徴は、フード付きであることで、これは好みが分かれるかもしれない。私個人はフード付きのほうがデザイン的に好みで気に入っている。

  • 洗濯は?

ネットに入れて普通に洗濯し、自然乾燥。ダウンは非常に細かい部屋に分かれているので、今のところダウンの偏りなどは気にならない。羽の抜けもかなり少ないほうだと思う。

  • まとめ

 個人的には、冬のランニングのマストアイテムと思う。これを使い始めてから、ウインドブレーカーの着用頻度が減ってしまい、何着か手放した。それくらい、自分にとっての冬のランニングが変わった。もう少し走る頻度が増えればもう一着欲しい。

[rakuten:step-sports:10078916:detail]

ヤフオク出品代行(オクサポ!)で不用品を手放したときの話

 

  • はじめに

数年前からミニマリストとか断捨離とかに関心があり、不定期にその手の本を読んでは「処分欲」が高まり、いろいろと捨ててきた。

今年2月に『ぼくたちに、もうモノは必要ない』を読み、それに出てきたヤフオク出品代行サービスを利用してみたので、備忘録としてその記録を残しておく。

 

  • 利用したサービス

ネットでいくらか調べて、『オクサポ!』を利用した。

https://econet-trading.jp/

トップページがピンク多めで何となくいかがわしいが、サービスは全く問題なかった。

  • 利用の流れ

出品してもらう商品を決めて、申込みをする。5点以上の出品で1点の代行手数料が無料になるキャンペーンがあったので、これを利用。

出品したのは手持ちのランニングウェアのうち、着用頻度の少ないもの。NIKE GYAKUSOUのジャケット2点はそれなりの値段で売れてほしいなと思っていた。

(GYAKUSOUはデザイン性も機能性も非常に優れており、いっときはコレクションが発売される度に購入していたが、この2点はデザインがいささか私には前衛的すぎることもあり、あまり着なくなってしまった。)

途中で依頼した5点のうちの1点が取扱商品にならないことが分かり、代わりの商品を追加してもらって5点にした。追加は運営から送られてきたメールに返信するだけでできた。

落札相場もよくわからなかったので、コースはおまかせコースを選んだ。

  • 結果

3月10日に商品到着のメールがあり、検品や商品説明ページを準備してもらい、実際に出品されたのが4月6日だった。マイページのID、パスワードが送られてくるので、出品後の状況はそこで確認できる。もちろんヤフオクのページからも商品は見られる。

商品をウォッチリストに登録している人が多ければ多少は落札額が上がらないかな、と思って、いちおう自分でウォッチリストに入れておいた笑

初回の出品価格はなかなか強気だな、という印象を受けた。

案の定、5点のうち、出品価格が最も安かった1点を除いて初回の出品では落札されず、以後出品の度に少しずつ開始価格が下げられていった。

最後の1点が落札されたのが5月末。無事に売れてホッとした。

手数料無料のキャンペーンは、こちらが何も言わなくても一番落札価格が高い商品に適応してくれていた。

手数料差し引き後の振込額は、前述のGYAKUSOUジャケット2点で購入価格の4分の1程度だった。これが高いのか低いのか分からないが、もともとクローゼットに眠っていた不用品であること、出品や梱包、質問、クレームの対応などを全部引き受けてもらったことを踏まえると、個人的には十分納得できる金額だった。

自分が出品した商品が売れていく様子を見るのも、なかなかおもしろい体験だった。

  • まとめ

少しでも高く売りたい、という人は自分で出品すべきかもしれないが、いろんな面倒を避けて不用品を売りたい人には、いいサービスだと思う。